美容外科・美容整形のおすすめクリニック│比較サイト

そばかすは先天的な要素が強いといわれているシミのひとつですが、紫外線の影響によっても発症します。 そんなそばかす治療についてみていきましょう。

そばかすの原因は?


先天的なそばかすについて

そばかすと言えば「赤毛のアン」の主人公なんかが代表的ですが、白人(コーカソイド)には非常にそばかすが多いです。
そばかすといえば目の下~鼻にかけてが多いですが、もう顔中だけでなく、肩にまでそばかすがある人がしょっちゅう。
そして欧米圏ではそばかすはチャームポイントのひとつでもありますので、わざわざ皮膚科で治療する人はほとんどいないのだとか。

それに遺伝的なそばかすは、メラニンの中でもフェオメラニンと呼ばれる赤茶っぽいメラニンを持っている方に見られやすいです。
フェオメラニンが出やすい人は、色白で、紫外線に対して反応が強くなりやすいためにそばかすが頻繁にできてしまうのです。

後天的なそばかすについて

後天的なそばかすは、紫外線によるものです。
茶色っぽいソバカスが頬~鼻にかけてできるのが特徴です。

こちらはレーザー治療で治りやすいです。
ただやはり皮膚の薄い部分にレーザーを照射するので、ある程度の痛みはあります。

レーザー照射後はメラニンを作るシステムが破壊されていますので、紫外線に非常に弱くなるので注意が必要です。

そばかすの治療

そばかすの診断は注意が必要

そばかすに限らず、シミの判別にはしっかりとした医師による診断が必要です。
そばかすだと思ってレーザー治療をしても、そのシミがそばかすではなかった場合、逆に悪化してしまうことだってあります。

特にそばかすは、実は肝斑や太田母斑だった!ということもあるので、注意が必要です。

そばかす治療もレーザー+投薬治療

そばかす治療も基本的には投薬治療で行われることが多いです。
レーザーが効果的で、あなたも一気に消してしまいたい!という場合は、YAGレーザーなどの色素に反応するレーザーで治療を行います。

術後2週間ほどはガーゼを当ててすごさなければならないことがありますので、接客業の方などは注意が必要です。

城本クリニックなら安心の実績・治療実績!


城本クリニックの美容皮膚科はそばかすだけでなく、シミ・肝斑といった治療にも対応しており、
その豊富な診療実績に基づき、たくさんの患者さんが全国津々浦々から訪れています。


このページの先頭へ