美容外科・美容整形のおすすめクリニック│比較サイト

肝斑は主に女性ホルモンが原因でできるといわれているシミの一つですが、30代~40代になると頬周りにできやすくなります。 これにより一気に顔がくすんだように見えるとお悩みの方は多いです。 そんなしつこい肝斑の治療についてみていきましょう。

肝斑の知識チェック!


肝斑は素人目には判断が難しく、間違ったセルフケアをしてしまうと反対にシミが濃くなってしまうことがあります。シミを悪化させてしまわないためにも、専門家に見てもらい、受診することが大切です!

肝斑の特徴

まず、肝斑の特徴ですが、頬骨辺りに出来るのが特徴です。
他のシミと違い、シミとそうでない箇所の境界線があやふやで、もわっとしています。
目の周り~頬にかけて広範囲にできる人も多く、顔の中心なので一気にくすんだ感じが嫌だとお悩みになられている方が多いです。

点ではなく地図状のように拡がっている

女性ホルモンの影響がある

左右対称のものが多い

しかし上記の症例のように、斑点が無数に出来るタイプのものや、左右非対称に出てくることもありますので、自己診断ではシミの種類を間違えてしまうことが多々あります。

肝斑の治療

肝斑の治療ですが、レーザー治療を行う場合と、内服薬や外服薬を併用して行う場合があります。
レーザー治療は、メラニンに反応するYAGレーザーなどを用いることが多く、シミの深さや広さなどによっては数回施術することがあります。
しかし肝斑の場合、レーザー治療を行うとさらにシミが濃くなってしまうことがありますので、レーザーに不向きなシミと判断された場合、投薬で処置していくことがあります。

肝斑治療で有名なのがトラネキサム酸が配合された内服薬です。
トラネキサム酸はメラニン生成を抑える薬なので、初めは肝斑だけでなく、肌全体のトーンが上がったように見えると効果を実感している方もいます。

外服薬ではハイドロキノンといった美白成分が配合された塗り薬を処方されることもあります。

ハイドロキノンはとても酸化しやすい薬で、酸化したハイドロキノンを塗ってしまうと肌への負担となり、それが原因でさらにシミが濃くなってしまうことがあります。

また、ハイドロキノンはメラニンを抑えるだけでなく、メラニンを生成する細胞メラノサイト自体の働きも抑える効果がある非常に強い薬です。

そのためハイドロキノンを使用している間は、お肌が紫外線対して非常に弱くなりますので、やはり医師の説明の元、きちんとした服用が原則となります。

美容皮膚科では総合的な肝斑治療をする

『総合的な治療』とは?

このように肝斑はシミの中でも、
デリケートなシミであるといわれています。
そのためレーザーやお薬を使った、総合的な治療を進めていくことが多いです。

現在では投薬治療がベースとされていますが、
投薬治療は肝斑を薄める効果がゆっくりで、
しかも完全に消えないことがあるのがデメリットです。

そのため投薬を続けながら、レーザー治療を併用し、一気に肝斑を撃退する治療法を取っている美容皮膚科が多いです。


肝斑徹底プログラムの詳細

城本クリニックでは、肝斑のような難しいシミ治療でも、
上記のような豊富な種類の施術内容から、
あなたにぴったりのプログラムをチョイス。キメ細やかな施術を行います。

安心してお肌を任せることができるので、人気のプランとなっております。

このページの先頭へ