美容外科・美容整形のおすすめクリニック│比較サイト

半袖やノースリーブなど、露出が多くなる季節に気になってくるのがタプタプになった二の腕。
運動や食事制限をしてもなかなかほっそりスリムな二の腕にはなりませんよね。

脂肪吸引・脂肪溶解注射なら余分な脂肪を取り除き、リバウンドのしにくいほっそりとした二の腕をほぼ確実に手に入れることができます。

脂肪吸引の場合

脂肪吸引と聞くと少し抵抗を感じる方も少なくないでしょう。皮膚を切開する手術ですので、リスクはもちろん伴いますが、その分しっかりと脂肪を除去することができます。

カニューレを肘の後ろやわきの下に差し込み、余分な脂肪を必要な分だけ吸引。
両腕ともにバランスよく吸引しないと施術後、左右で太さが違う、なんてことになりかねませんので注意しましょう。 二の腕の施術なら早ければ翌日から腕を動かすことも可能です。

施術後は痛みや腫れ、むくみ、内出血などの症状が起こりますので、激しい運動などは控え、安静に過ごしましょう。
痛みや腫れなどは人によって程度が違うので一概には言えませんが、大体1~2週間程度と考えてください。

脂肪吸引後しばらくはあまり太さが変わらないとお思いになるかもしれませんが、1ヶ月、2ヶ月経つとむくみがとれ、腕の細さを実感できるでしょう。
脂肪吸引の場合、施術する医師の腕により、完成具合が大きく変わってきます。
技術力不足の場合は二の腕に不自然な凹凸ができたり、皮膚がたるんでしまったり、傷跡が目立ってしまったりすることがありますので、クリニック選びは慎重に行いましょう。

脂肪溶解注射の場合

脂肪溶解注射の場合は脂肪吸引のように施術に時間がかかることはありません。二の腕部分に注射を打つだけで済みますので、10分とかからないでしょう。

その人の脂肪量などにもよりますが、基本的に3回程度、少ない人は1回で効果を実感できるそうです。
施術当日からシャワー程度なら可能ですが、入浴やサウナといった行為は控えてください。
施術後、痛みや腫れ、むくみ、内出血などの症状が出る場合もありますが、1週間もすればおさまるのでそこまで深刻に考えなくても大丈夫です。

注射ならどこでも一緒だろう、と考えて安易に安いクリニックで施術を受けるのはとても危険です!
溶解剤の配合成分はクリニックによって異なるので、少し高くても安心できるクリニックで施術することが何よりも大切です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ