美容外科・美容整形のおすすめクリニック│比較サイト

昔履いていたジーパンが入らない、ミニスカート履けなくなった、などパンパンになった太ももに強いコンプレックスを感じている方は多いと思います。

太ももの太さにもよりますが、脂肪吸引や脂肪溶解注射により、今まで入らなかったスキニーがすんなり入るようになった!といったように、効果をしっかり実感できる部位なので、施術を迷っている方はこれを機にチャレンジしてみるのがオススメです。

脂肪吸引の場合

太ももの付け根からカニューレを挿し込み、余分な脂肪を吸引します。そこまで太くない人の場合は、施術前よりも目に見えてすっきりとした細い太ももになることが多いです。

元々の脂肪量が通常よりも多い人の場合、脂肪を支えるための筋肉が発達してしまっているため、施術結果で劇的に細くなる細くはなりませんが、それでも平均的な細さまで近づけることはできるでしょう。

脂肪が多いからといって取りすぎてしまうと膝の上にたるみができ、不自然な形になってしまう恐れがあるので、取る脂肪量には細心の注意を払わなければなりません。

施術結果は医師の腕次第ですが、しっかりとした技術を持った医師に施術してもらえば確実な効果が見られる部位です。 痛みなどのダウンタイムはどの部位でも大体1~2週間程度です。
完璧に結果が出るのは半年必要になりますので、しっかりとケアをするようにしましょう。

脂肪溶解注射の場合

太ももは面積が広いため、2週間に1回のペースで6回ほど打たないと効果が見込めません。 定期的な施術が必要になりますので、二の腕などに比べるとより長い期間をかけて施術にあたる必要があります。

脂肪をしっかり取りたい場合は、やはり脂肪吸引がオススメではありますが、脂肪溶解注射でも太ももの間に隙間ができる程度には細くすることができるでしょう。
脂肪溶解注射によって脂肪を溶かすことでセルライトの改善にも繋がりますので、脂肪吸引は予算が高い、手術を受けるのは怖い、と思っている方は脂肪溶解注射と通常のダイエットを合わせて行うことで、よりすっきりとした太ももを手に入れることができるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ