美容外科・美容整形のおすすめクリニック│比較サイト

二の腕や太もも、お尻など、脂肪が気になる部分は人それぞれ。気になる部位の脂肪をピンポイトで落としたい!脂肪吸引や脂肪溶解注射はそういった「部分痩せ」に最適な美容整形ではありますが、施術する部位によってはダウンタイムや最適な施術方法も変わってきます。 どの部位にどういった施術方法がおすすめなのか、また施術後のダウンタイムの違いなどを部位ごとにご紹介していきます。

二の腕

食事や運動ではなかなか落ちにくいうえに、脂肪もつきやすい。露出する機会も多いのでブヨブヨと揺れる脂肪が憎らしい!と思う女性がたくさんいることでしょう。
厚めの脂肪がつきやすく、手ごわい部位である二の腕。はたしてどんな施術方法が最適なのでしょうか?

ふくらはぎ

脂肪や筋肉、むくみにより太くなったふくらはぎ。細くしようと運動しても筋肉になって太さは変わらない、なんてことも…ふくらはぎの場合は骨や筋肉、脂肪など、様々な要因が合わさって太くなっているので、施術しても細くなるとは言い難いのが難点です。

太もも

歩くたびにブルブル揺れるみっともない太もも。余分な脂肪をなくして、細く・スリムな美脚になりたい!と願う女性は多いはず。
太ももの太さの原因のほとんどが皮下脂肪によるものなので、施術によりスッキリさせることが可能です。

お腹

他の部位に比べても脂肪がつきやすく、脂肪の量も多いお腹まわり。ダイエットしてもなかなかくびれのあるスッキリしたお腹にするのは難しいものです。
脂肪吸引でたくさん脂肪をとりたい気持ちもわかりますが、とりすぎると皮膚が凸凹することも…施術する医師の技術が大きく反映される部位でもあります。

ふっくらと肉のついた顎や頬、小顔エクササイズなどを試しても顔の脂肪だけを落とすのは一苦労。他の部位に比べて脂肪量自体は少ないのですが、わずかな脂肪でも見た目の変化が大きいのが顔という部位です。
施術にはより繊細な技術が必要となる為、知識・技術・経験を兼ね備えた腕の良い医師を慎重に選ぶようにしましょう。

お尻

脂肪層が厚くセルライトのたまりやすいのがお尻。一度セルライトができてしまうと皮膚が凸凹し、解消するのが難しいと言われています。
日本人の体型的にもお尻は大きくなりがちなので、お腹や二の腕はそこまで太くないのにお尻だけ大きい…なんて人も多いのです。そんなお尻についた余分な脂肪を取り除けば、下半身全体が引き締まったスリムなスタイルになるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ