美容外科・美容整形のおすすめクリニック│比較サイト

運動やヒールによるむくみ、不摂生などによって太くなったふくらはぎが気になって脚の露出を控えてしまう女性の方は多くいます。
脂肪を燃焼させるつもりで一生懸命運動しても筋肉になってしまい、より太くなるなんてことも…。
脂肪吸引・脂肪溶解注射ならば余分な脂肪を取るだけでなく、リバウンドのしにくい美脚に生まれ変わらせることも可能なのです。

ふくらはぎの脂肪吸引

脂肪吸引の場合

ふくらはぎが太い方は、脂肪だけが原因ではありません。そもそもふくらはぎは脂肪がつきにくい部位なのです。 ふくらはぎが太く見えるのは筋肉が原因であることが多く、脂肪吸引しても細くならない!という方はおそらく元々脂肪があまりついていなかったのかもしれません。

ふくらはぎの脂肪吸引をする前に、医師と事前にしっかりカウンセリングを行い、自分のふくらはぎがなぜ太いのか、しっかりと原因を追究してから施術に臨みましょう。
ふくらはぎの施術は、ひざ裏からカニューレを挿し込み、余分な脂肪を吸引します。足首部分の脂肪も吸引することでよりすっきりとした女性らしい足に近づくことができるでしょう。

施術後はどの部位であっても共通して腫れやむくみ、痛み、内出血などが起こりますが、1~2週間程度で回復します。 施術後にしっかりと圧迫をしていないと皮膚が凸凹になったり、内出血やむくみがひどくなったりする場合もありますので、アフターケアもしっかり行いましょう。 2、3ヶ月後にはむくみもとれ、すっきりとした足に生まれ変わっていることでしょう。

脂肪溶解注射の場合

脂肪吸引と同様、施術後確実にふくらはぎが細くなるとは限りませんので、医師との事前のカウンセリングはしっかりとしましょう。
基本的にふくらはぎは脂肪が多い部位ではありませんので、脂肪溶解注射ではあまり大きな変化が見られないことも多いです。

脂肪ではなく筋肉量の方が多い場合はボトックス注射を行った方が効果は確実ですが、ボトックス注射をしなくなると筋肉が元の太さに戻ってしまうことがありますので、それを考慮に入れてあなたに合った施術方法を選択してください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ