美容外科・美容整形のおすすめクリニック│比較サイト


二重まぶた整形について知っておこう!

埋没法(挙筋法)ってどんな手法?

瞼板法とは糸を留める場所が違う! 挙筋法と呼ばれる手法も埋没法の一つではありますが、通常の埋没法と異なる点があります。一般的な埋没法(瞼板法)では 、瞼板(けんばん)と呼ばれる所に糸を通して結びますが、挙筋法では瞼板に糸を通すのではなく、挙筋と呼ばれる目の 筋肉の所に通して二重をつくります。こちらの手法でもメスは使いません。


クリニックによってはどちらかの手法しか行っていない どのクリニックでも瞼板法・挙筋法を選択できるというわけではありません。両方行っているクリニックもありますが、挙筋法だけ、 瞼板法だけというクリニックがほとんどです。 それはそれぞれの手法に一長一短があるので、クリニックの方針でどちらか一方を採用しているというのが現状のようです。 結局のところ、瞼板法と挙筋法、どちらの手法の方がより優れているという話ではなさそうなので、カウンセリングの際にドクターと相談し 、納得のいくまで話を詰めましょう。 それでは、瞼板法と比べて挙筋法のメリット・デメリットはそれぞれどのように違うのでしょうか。ポイントをみてきましょう。

挙筋法のメリット

二重が元に戻りにくい

挙筋法最大のメリットはここでしょう。瞼板法では糸のゆるみなどで一重に戻ってしまう場合が多いのに対し、挙筋法では二重のラインをしっかりと固定されるため、 二重が元に戻りにくく、安定して二重まぶたを保つことができます

眼球を傷つける心配がほとんどない

挙筋法では糸を眼球近くの瞼板に糸を通さないので、施術の際に眼球が傷つく恐れがかなり少ないです。

ゴロゴロ感がしにくい

眼球に当たる部分に留めないため、違和感がなく、目がゴロゴロするような感覚もほとんどありません。

挙筋法のデメリット

将来的に眼瞼下垂になりやすいと一部では言われている

瞼板法のみを採用しているクリニックでは、挙筋法は筋肉を締め付けるので負担がかかり、眼瞼下垂(がんけんかすい。 老化により目が開きにくい状態になること)になりやすいという批判をしています。一方挙筋法を採用しているクリニックでは 、そんなことにはならず、むしろ眼瞼下垂の治療に役立つという反論をしている状態です。 どうやら、このような対立はドクターの技術力・熟練度にかかっているのではと感じます。眼瞼下垂自体は老化によって誰でもなる可能性があるので、 手法自体には特に問題はないでしょう。

眠たそうな二重になることがある

出来るだけ目を大きく見せようと、無理に幅の広い二重まぶたをつくろうとすると、逆に眠たそうな二重になる可能性があります。 したがって、カウンセリングの際にしっかりと二重まぶたのデザイン確認をする必要があります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ