美容外科・美容整形のおすすめクリニック│比較サイト

二重まぶた整形について知っておこう!

目頭・目尻切開法ってどんな手法?

目の幅を広くして大きくみせる手法 二重まぶたの整形が目を縦に大きくみせる手法なのに対し、目頭・目尻切開法では目の両端の皮膚の部分を切開し、 横に大きくみせる手法となります。

目頭切開では「蒙古ひだ」と呼ばれる目頭の皮膚の部分を切開し、目の内側の幅を広げます。特に目と目が離れている方に有効な手法です。

目尻切開では、白目が隠れている目尻の皮膚部分を切開し、目の外側の幅を広げる手法です。目が切れ長になり、綺麗で大人びた印象を与えられます。 また、顔の全体的なバランスも良くなり、小顔効果が期待できます。

さまざまなアプローチ方法

目頭切開には、求めるデザインによってアプローチ方法が異なります。施術の前に、担当医師と入念な打ち合わせを行い、 デザイン・アプローチ方法を決めていきます。

【注】以下の図は、分かりやすく大きくイラストにしていますが、実際はこのように大きな傷などが残る治療ではありません。 傷は残りませんので、是非症例写真をご覧下さい。

目頭・目尻切開法の注意点

目頭切開はやりすぎると寄り目になってしまう 顔の中心から内側へ広げる手法のため、あまりに目頭部分を広げると、目のバランスが逆に悪くなり、寄り目の印象を与えてしまいます。あくまで自然に見える範囲でデザインを考えてもらいましょう。

目尻切開は隠れている白目の部分までしか広げられない

基本的には白目が隠れている部分を切開して広げる手法になるので、そもそも隠れている部分がなければこの手法で幅を大きくすることができません。 ただ、目尻はほんの数ミリ切開するだけでもかなり印象が変わりますので、少しでも皮膚で隠れている部分があれば問題ないようです。カウンセリングの際に 相談しましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ