美容外科・美容整形のおすすめクリニック│比較サイト

仕事に支障をきたさないように整形したいな・・・ 二重整形って元に戻っちゃうの?ずっと続く二重がほしい! 目がすごく腫れぼったいんだけど、わたしにも整形できるかな・・? 目の整形を行う方は、何かしら目に対する要望や悩みを持ってクリニックに向かいます。 きっとこのページをご覧になっているあなたも、目に関する何らかの悩みを持っているのではないでしょうか。 でも、いきなりクリニックに行ってカウンセリングを受けるのはちょっと不安ですよね。どんなことをするのか自分でもある程度は知っておきたいものです。 そんなあなたのために、カウンセリングを受ける前の準備知識として、こだわりや悩みからどんな施術方法があるのかみてみましょう!

二重整形を試してみたいんだけど、目を切ったりするのって怖いな・・・

そんなあなたには埋没法!

埋没法であれば、メスを使わず糸で留めるだけの簡単な施術になります。埋没法には瞼板法・挙筋法2種類の手法があり、クリニックによって扱っている手法が異なります(両方行っているクリニックもあります)。 施術時間も約10~20分で終わるので、安心して整形を行えます。

目と目が離れているんだけど、なんとかする方法はないのかしら?

そんなあなたには目頭切開法!

日本人の多くの方には、蒙古ひだと呼ばれる目頭部分の皮膚が発達していて、これが目と目が離れているように見せている原因となっています。 その原因である蒙古ひだを切除する目頭切開法を行えば、目頭側へ目の横幅がより広がり、顔全体のバランスが良くなります。

ずっと二重をキープすることってできないの?

そんなあなたには切開法!

現代の二重整形技術は進歩して、埋没法であっても安定して二重まぶたを維持できる技術が開発されています。しかし、人の目の形状・状態には個人差があり、元に戻ってしまう可能性も否定できません。 切開法であれば、半永久的に二重まぶたを維持でき、今後元に戻ってしまうかどうか心配する必要がなくなります。

腫れが心配。仕事もあるから休みの間になんとかならないかな?

そんなあなたには埋没法!

埋没法の施術は非常に短時間で終わり、約3日後にはまぶたの重たい感じがなくなり、腫れもかなり落ち着いてきます。この頃からまぶたへのメイクも可能なので、日常生活にも支障をきたすことなく整形できます。

涙袋をぷっくりさせて目を大きく見せたいんだけどそんなことできる?

そんなあなたにはヒアルロン酸注入法!

天然の多糖類であるヒアルロン酸を注入することで、ふっくらした涙袋にすることができます。化粧品にも良く使われているヒアルロン酸。人体に無害なので安心ですね。 他に涙袋を形成する手法としては、下まぶたの筋肉を縫縮してつくる手法があります。 涙袋形成は意外に高い技術を求められ、トラブルの多い施術でありますので、信頼できるクリニックに相談した方が良いでしょう。

美人女優さんって目が切れ長なイメージ。私もあんな目にしてもらいたい!

そんなあなたには目尻切開法!

目尻切開法では、数ミリ単位の微調整を行って目尻を切開し、目の幅を広げます。目尻に変化をつけると、目全体の印象をガラっと変えることが出来るので、目に切れ長の印象を持たせるのに最も良い方法と言われています。 その他にも寄り目やつり目、たれ目が気になる方にオススメの手法です。

目がすごく重くて腫れぼったいんだけど、こんな私にも整形できる?

そんなあなたには切開法!

切開法では二重のラインに沿って切開した後、まぶたに乗っている余分な脂肪を取り除いてから縫合するので、しっかりと綺麗な二重を形成できます。 まぶたのたるみが気になる方にも、皮膚の余分な部分をカットしてから二重をつくるので、たるみを気にすることなく整形できるオススメの手法となります。

※このページ内でご紹介した提案は、一般的な要望・悩みに基づいたものとなっております。顧客の要望・悩み・目の状態・形状などは千差万別であり、実際のカウンセリング内容に基づく結果とは異なる場合があります。予めご了承ください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ